スワップポイントとは?

日本では長い間「ゼロ金利政策」が続いている為、円は限りなく0%に近い低金利を推移しています。
しかし、外国の通貨に目を向けると、高金利通貨もあります。
スワップポイントとは、低金利通貨を売って、高金利通貨を買う事によって生じる金利差を指します。

FXでは、保有している建玉(ポジション)を決済せずに、買い持ち(売り持ち)の状態を続けると、1日ごとに金利が発生します。
スワップポイントを受け取るには、建玉(ポジション)を翌日に持ち越すことになります。
決済を先延ばすことを「ロールオーバー」といいます。

スワップポイントが発生するメカニズムは割愛しますが、建玉(ポジション)がロールオーバーされれば、1日分の金利差としてスワップポイントが発生し、それによって金利差損益が生じるとという概念となります。

FX人気の理由の一つにスワップポイントを受け取ることが出来るという点があります。
スワップポイントは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う取引を行ったときに金利差分を受け取れるという仕組みです。

しかし、スワップポイントは、高金利通貨(豪ドル等)を売って、日本円といった低金利通貨を買うと、金利の差額の支払いが発生します。
長期間保有すると、損失が発生しまう恐れがありますので、ご注意ください。