FXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の英略です。

正式には「外国為替証拠金取引」といいます。「外為(がいため)」の略称でも呼ばれています。 ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

1998年の外為法が改正時、外貨預金が注目を集めました。その後、少額の所持金でも大きなリターンが期待できる外国為替証拠金取引(FX)が日本の個人にも認められるようになり、人気となります。 外貨預金とFXの違いは、外貨預金は主に高い預金利息を狙うのに対して、FXは金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うときに発生する金利差「スワップポイント(スワップ金利)」を狙います。

世界的に見て低金利時代である日本では、この金利差を利用して金利の高い外貨を買うことで、大きな利益が得られやすい環境にあるということです。

FXでは為替変動に合わせてタイミング良く売買することで、大きな「為替差益」が得られることもFXの大きな魅了です。